2015年10月08日

場立ちの予想屋に憧れてその2

おはようございます。

昨日の弥彦A級特選。
柿沼は果敢に主導権を取ったのですが
番手の工藤、そして土屋も捲くりの山崎に何も抵抗できず惨敗。
これは完全に力の差だったのかなぁ。

そして松戸A級決勝は
嶋津が主導権を取ったのを
新山が綺麗に捲くり切っての優勝。

解説の吉井さんも似たような事をおっしゃってましたが
確かに強い選手ですが
正直あまり響く勝ち方では無かったですね。
でも安心して狙える選手になると思います。

逆に2着ではありましたが
こちらは内容のある競走だった嶋津。
本格化したら面白い選手になりそうです。

今日の開催は弥彦の準決勝のみで
予想を晒す対象のレースがありませんので
この間の予想屋の話の続きを書きます。

今現在難航している(笑)システム勉強と平行して
勿論肝心の中身の方も必死に考えているのですが
こちらの方は自分の中でほぼ固まりました。

場立ちの予想屋さんも基本2種類の方がいらっしゃって
本命サイドを教えて毎回的中って大騒ぎする方と
穴を教えて当たった時に尋常じゃなく大騒ぎする方。(笑)
自分がなるのは勿論

全力で全レース穴狙いです。

本命、人気サイドの決着を完全否定。(爆笑)
それがどんなに鉄板と言われるレースであってもです。
予想は全てここからスタートします。

人気サイドの選手が飛んだ場合来るのは誰か?

もしくは人気サイドの人間が連に絡んだとしても
その相手となる伏兵の選手は誰なのか?

常にこれを追求して買い目を作っていくと思います。

基本前日夜から当日朝にかけて考えるので
穴だと思って指名した選手が
蓋を開けたら1番人気だった事はあるかもしれませんが
自分の考え方としてはそれを貫く積もりです。

提供する買い方ですが
正直これが1番悩んだのですが
どうせやるならとことん拘れって事で
ここは予想屋さん同様に
車単での提供にしようと思います。

本線の裏表と押さえの裏返し無し2点の計4点。
1=2、1−3、1−4
こんな感じですね。

そしてもう一つ車単の買い目を含めた
3複フォーメーション。
これも一緒に提供する積もりです。
最近の予想屋さんは3単フォーメーションで
提供する方が多いですが
そこは長年3複を研究してきた自分の拘りって奴です。
実際には
1−234−234567
計12点です。

ただあくまでこれは自分のやり方なので
勿論皆さんはお好きなようにお使い下さればと思います。
何故なら場立ちの予想屋は
売った後の事は一切知らん振りが通常営業ですから。(爆笑)
当たったら大騒ぎですけどね。(笑)

早く始められるようにお勉強頑張ります!


スポンサーリンク



posted by 政春 at 11:08 | Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

場立ちの予想屋に憧れて

こんにちは。

昨日の松戸特選嶋津は期待通りの走りでしたが
岡本は残念ながら捲くり不発。
こういう組み合わせの狙い方は松戸だと厳しいのかな。
反省です。

さて今日はA級特選、決勝のレースがありませんので
自己満足な雑文なんぞを書いてみようと思います。

折に触れて書いてますが
自分は父親が博打狂いだったものですから
物心付いてからずっと競艇場と競輪場に出入りしています。
そして小学校低学年になって
ある程度自分の意思が尊重されるようになっても
自分は週末になると喜んで付いて行ってました。

実際弟や妹はある程度の年齢になると来なくなったので
やっぱり自分は幼い頃から
公営博打と競輪場の雰囲気に惹かれていかたんでしょう。(笑)

そんな自分にとって密かな憧れだったのが場立ちの予想屋です。
特徴的なダミ声で(笑)能書きを説明したり
特報!特報!をひたすら連呼。
そしていざ大穴を的中すると沢山の1万円や千円札が
ずらっと貼り付けられているのはまさに壮観で
ガキながらに凄いカッコイイって思ってました。

その後中学生になって競輪を実際に予想し始めると
まだまだ未熟で自分なりの予想方法が確立されてない事もあって
どうしても分からないレースってのが出来てきます。
そうすると自分は親父に
「あの予想屋凄く自信ありそうだよ!気にならない?」
って焚き付けて実際に予想を買って貰って
その目で勝負したりもしてましたね。(笑)

更に成長して自分が高校生になってくると
実際になりたい職業の選択肢の一つに
場立ちの予想屋ってのが含まれてきます。

どうやってなるのかって調べたりもしたのですが
実際になるのは弟子入りして勉強したりとか
組合の人達に認められなきゃいけないとか
いろいろと段階を踏む必要がある事が分かって
ガキで面倒な事が嫌いだった当時の自分はその段階で断念。(笑)

その後20代は車券で飯が食えるようにってひたすら努力し
30代以降は今現在のようにブログで予想を晒す事を始めて
今に至ってるのですが
その間に競輪の人気っていうのが一気に落ち込み
お客さんも当時の半分以下になり
予想屋もほとんどいなくなってしまいました。
利用しなくなった自分に言う資格は無いのかもしれませんが
本当に寂しいなぁって心から思います。

そして競輪は衰退しましたが世の中は進化していて
ネットを使って場立ちの予想屋みたいなのが出来る事を
最近知りました。
そうなるとガキの頃の憧れというのが再燃してきて
何とも止まらなくなってしまいました。

なので宣言しますが
近々自分が母親の腹の中にいた頃から
ずっと通い続けた京王閣、立川、西武園の
3場のネット予想屋を始めようと考えてます。
値段も場立ちの予想屋と一緒です。(笑)

まだシステムを勉強中だし
車単、3単で提供するか
3複で提供するかなど内容もいろいろ考えてるので
始めるのはもうちょっと先になりますが
今月中には何とか始められたらと思ってます。

やるからには自分の競輪人生の総仕上げだと思ってやる積もりです。
そしてこれで自信を付けたら
全国の記念やSシなどにも挑戦する予定です。

当たったら大騒ぎして外れたら知らん顔する所まで
予想屋の真似する予定ですので(笑)
皆さんにも是非買えとまではいいません。
頭の片隅にでも覚えて頂けたら嬉しいです。


スポンサーリンク



posted by 政春 at 11:03 | Comment(2) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クレジットカード 不正利用