2017年08月24日

政春の場立ち予想 立川競輪二日目の口上その2

場立ち予想の口上の続きになります。

立川競輪二日目7レース

ラインが出来るのは竹内、古川、保科。

人気になるのは保科の番手明田でしょうが
昨日の動きを見る限り正直不安。

ここは思い切ってこの選手の方を軸に指名します。
調子に波はありますけど
展開が向けばしっかりチャンスを物にする選手。

立川バンクも得意ですし十分期待出来ると思います。

立川競輪二日目8レース

ラインが出来るのは高木、丹波、田中。

高木と丹波の先行争いを田中が一捲りって
いうのが大方の読みになるでしょうが
個人的に田中の出来が良いとは思えないんですよね。

田中不発って考えた場合
軸に浮上するのがこの選手。
昨日は惨敗でしたけど
近況の気配考えると巻き返しは出来るはずです。

立川競輪二日目9レース

細切れ戦。

誰からでも狙える混戦ですが
自分は勢いを評価してこの選手から狙います。

近況かなり好調ですし
昨日の競争内容もお見事。
今の出来ならこのメンバーでも十分通用すると思います。

立川競輪二日目10レース

萩原、土屋、原田の3分戦。

素直にこの選手から狙うしかないですね。
昨日の走りも圧巻でしたし
ちょっと逆らえないです。

問題は番手の選手がしっかり追走出来るかで
ちょっと波乱を期待したいです。

立川競輪二日目11レース

細切れ戦。

本来なら素直に後閑を狙うべきレースですが
どうしてもそれ以上に惹かれる選手が一人。
ここは思い切って軸に指名します。

昨日の走りは個人的には結果以上に評価。
自分の力を出し切る競争をすれば
1着でゴールも十分有り得ると思います。

以上です。
本日もよろしくお願いします。



スポンサーリンク



posted by 政春 at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

クレジットカード 不正利用